ミニ株と単元未満株

株を買う時は、企業ごとに決まっている単位(単元株数)ごとに買わなければなりません。

日清オイリオグループ の場合を見てみましょう。

単元株数が1,000株 になっています。

この時の株価が513円ですので、日清オイリオグループの株が欲しいとなると 513,000円 必要となります。

株価513円×単元株数1,000株=513,000円

日清オイリオグループの例

このように、単元株数で買うとなると まとまったお金が必要になる場合があります。

そこで出てくるのが、ミニ株と単元未満株 です。

単元株

株を取引をする際、基準となる単位 。大抵、100株や1,000株。
例)単元株数が100株ならば、100株、200株、300株・・・と100株単位で購入が可能。
ミニ株 単元株数の10分の1の株数で買うことができる。
例)単元株数が1,000株の場合、100株から買える。単元株数が100株の場合、10株から買える。
単元未満株 単元株数に関らず1株から買うことができる。
例)各証券会社で呼び名は異なるが、S株・ワン株、プチ株のこと。

ミニ株

ミニ株は、単元株数の10分の1の株数で売り買いができます。

ですので、単元株数が1,000株の場合は100株から、100株の場合は10株から株を購入することが可能です。

ミニ株とは?

単元未満株

単元未満株は、通常であれば1,000株/口、100株/口のところをその単元株数に関らず1株から購入できるのです。

つまり、株のバラ売りとか切り売りという感覚です。

単元未満株とは?

必要購入資金を比較してみよう

上記の違いを踏まえ、株購入のための必要資金を比較してみましょう。

問題)ある銘柄の 株価が1,000円・単元株数が100株 だったとします。
すると、ミニ株・単元未満株を購入するための資金はそれぞれいくらになるでしょう?

最低購入資金
単元株(取引をする際、基準となる単位) 100,000円
(1,000円 × 100株)
ミニ株(単元株数の10分の1の株数) 10,000円
(1,000円 × 10株)
単元未満株(単元株数に関らず1株) 1,000円
(1,000円 × 1株)

比べて分かるように、100,000円というまとまった資金がない場合でも10,000円や1,000円なら敷居が低くなります。

株がグッと身近になりますね。

サイト内検索 by Google

上へ戻る

優待検索が利用しやすいおすすめの証券会社

優待検索が使いやすい!
SBI証券

SBI証券

手数料が安い!
優待検索が便利!
顧客満足度が高い

楽天スーパーポイントが貯まる
楽天証券

楽天証券

楽天グループ
楽天ポイントも貯まる
スマホでも優待検索

初心者も安心の証券会社
マネックス証券

マネックス証券

手数料が安い!
取引ツールが充実
安心のサポート体制


*

人物タイプ別おすすめ

  • 主婦向け株主優待
  • 女性向け株主優待
  • 男性向け株主優待
  • 単身男性向け株主優待
  • 子供向け株主優待
  • ファミリー向け株主優待

投資金額別おすすめ

  • 3万円以内の株主優待
  • 5万円以内の株主優待
  • 10万円以内の株主優待
  • 20万円以内の株主優待

目的別おすすめ

  • 長期保有でお得な株主優待
  • 贈答品に出来る株主優待
  • 面白い株主優待
  • 新設された株主優待
  • 閲覧数が多い株主優待
  • 管理人が頂いた株主優待

現金2,000円が頂けるお得なタイアップキャンペーンを「SBI証券」さんと開催中です♪

みーちゃんの株主優待とのタイアップキャンペーン

当サイトで提供している株主優待などの情報につきましては、その情報の正確性を確約するものではありません。
サイト内の情報には万全を期して掲載しておりますが、情報が古い、または誤っている場合等もございます。
最新の株主優待、配当金等の情報は各企業のホームページや証券取引所の開示情報にてご確認下さい。
また、サイト内の株価、配当利回り等の指標につきましては最新情報を表示しているわけではありませんのでご注意下さい。

サイトマップ