いつ売買できる?

株はいつでも取引ができるわけではなく、曜日と時間 が決まっています。

しかし、例外としてPTS(私設取引システム)という夜間に取引ができるサービスもあるので合わせてご紹介します。

取引できる曜日と時間帯

東京証券取引所(東証)の時間が基本となるので、図で確認してみましょう。

株の取引時間と呼び方

ただし、名古屋証券取引所は取引終了の時間(大引け)が異なっています。
後場(ごば):午後0:30~午後3:10

証券会社への注文はこの時間外でもできますが、取引が成立するのはこの時間内に限られています。

「店頭窓口のある証券会社」(対面取引)では注文を受けてくれる時間が限られますが、ネット証券ならば24時間注文受付可能です。

取引できる曜日

取引できる曜日は、毎週月曜日~金曜日

証券取引所にも休業日があるため、平日の取引となります。
ちなみに、下記が証券取引所の休業日になります。

証券取引所の休業日

  • 毎週土曜日、日曜日
  • 祝日
  • 12月31日~1月3日

取引できる時間帯

  • 午前9時~午前11時半(前場)
  • 午後0時半~午後3時半(後場)

午前の取引時間を前場(ぜんば)、午後の取引時間を後場(ごば)と言います。

そして、前場と後場の取引開始時間寄付き(よりつき)と呼びます。

取引終了の時間は、前場と後場で呼び方が変わります。

前場の取引終了時間を前引け(ぜんびけ)、後場の取引終了時間を大引け(おおびけ)と言います。

慣れない言葉なので、なんとなく頭の片隅に残っているくらいでOKです。

取引時間外でも売買できるPTS

日中、仕事をしている主婦にオススメなのが PTS(私設取引システム)という取引方法。

PTSを使うと、夜間にも取引 ができます。

なぜ、夜間にも取引ができるか?

通常の取引は、証券会社から証券取引所を通して売買が行なわれています。

しかし、PTSでは証券取引所を通さず、証券会社のネットワーク上で取引が完結されます。
ですから、取引時間外でも売買ができるというわけです。

証券取引所と証券会社

現在PTSがある証券会社は、SBI証券のみ となっています。

以前はマネックス証券やカブドットコム証券でもPTSがありました。楽天証券はサービス休止中となっています。

PTSのメリット

  • 仕事終わりの夜間でも取引ができる
  • 手数料が比較的安い

PTSのデメリット

  • 通常より参加者が少ないため、取引が成立しにくい
  • 全ての銘柄が取引できるわけでない

自分のライフスタイルに合う方法で株の取引を始めてみましょう!

サイト内検索 by Google

上へ戻る

優待検索が利用しやすいおすすめの証券会社

優待検索が使いやすい!
SBI証券

SBI証券

手数料が安い!
優待検索が便利!
顧客満足度が高い

楽天スーパーポイントが貯まる
楽天証券

楽天証券

楽天グループ
楽天ポイントも貯まる
スマホでも優待検索

初心者も安心の証券会社
マネックス証券

マネックス証券

手数料が安い!
取引ツールが充実
安心のサポート体制


*

人物タイプ別おすすめ

  • 主婦向け株主優待
  • 女性向け株主優待
  • 男性向け株主優待
  • 単身男性向け株主優待
  • 子供向け株主優待
  • ファミリー向け株主優待

投資金額別おすすめ

  • 3万円以内の株主優待
  • 5万円以内の株主優待
  • 10万円以内の株主優待
  • 20万円以内の株主優待

目的別おすすめ

  • 長期保有でお得な株主優待
  • 贈答品に出来る株主優待
  • 面白い株主優待
  • 新設された株主優待
  • 閲覧数が多い株主優待
  • 管理人が頂いた株主優待

現金2,000円が頂けるお得なタイアップキャンペーンを「SBI証券」さんと開催中です♪

みーちゃんの株主優待とのタイアップキャンペーン

当サイトで提供している株主優待などの情報につきましては、その情報の正確性を確約するものではありません。
サイト内の情報には万全を期して掲載しておりますが、情報が古い、または誤っている場合等もございます。
最新の株主優待、配当金等の情報は各企業のホームページや証券取引所の開示情報にてご確認下さい。
また、サイト内の株価、配当利回り等の指標につきましては最新情報を表示しているわけではありませんのでご注意下さい。

サイトマップ