TOP(優待検索)失敗しない7つの鉄則

株初心者が株主優待を買う前に確認すべき7つの鉄則

株主優待をもらうには、優待制度を実施している企業の株を購入すればよいですね。
しかし、株初心者はポイントを押さえないと失敗する危険性があります。

株主優待生活を楽しむために、 基本的な知識損しない銘柄選び を確認しておきましょう。

株主優待株の購入で失敗しない7つの鉄則とは?

株初心者が注意しておきたい7つの鉄則です。

それぞれ詳しく紹介します。

1.権利確定日を確認

株主優待をもらうには、権利確定日までに株主になっていることが条件です。

権利付き最終日カレンダー(権利確定日が平日の場合)

銘柄ごとに権利が確定する月と日にちが違います。
(権利確定日は図のように月末が多いですが、15日や20日の時もあります。)

必ず権利確定日を確認しましょう。

2.何株必要か確認

株の売買単位は基本的に100株です。

100株で株主優待をもらえる銘柄もたくさんありますが、中には400株、500株、1,000株以上でないと頂けない銘柄もあります。

例えば、積水ハウスの株主優待

欲しい株主優待は何株必要か確認しましょう。

3.買い時と買ってはいけない時期を確認

権利確定日の直前は株価が上昇するので、権利付き最終日の3カ月前に買うのがおすすめです。

株主優待をすぐにもらえなくてもよい場合は、権利落ち日以降の株価が安い時に買う手もあります。

パターンで値動きする

逆に株主優待銘柄を買ってはいけない時期は、権利確定日の直前です。

理由は権利確定日に向けて株価が上昇しているからです。

4.株主優待が廃止になる理由を知ってリスク回避!

赤字企業だけでも避ける

優待廃止で悲しい思いをしないよう、企業が優待を廃止する理由を知ってリスクを回避しましょう。

企業が優待を廃止する主な理由は3つあります。

5.株主優待と配当の利回り(合計利回り)を確認

株主優待

せっかく優待投資するならば、元が取りやすい銘柄かどうか確認しましょう。

優待と配当の利回りを合わせた合計利回りが高いと、お得度が増します。

6.株主優待券の利用方法を確認

株主優待の華やかさに気を取られ、使う機会がない優待をもらってしまわぬよう注意です。

7.似た社名に注意!購入の際は証券コードも確認

意外にも似た社名の企業があります。

いくら似ていても別会社なので、株主優待の内容は別物です。
株主優待株の購入時には、コード番号を確認しましょう。


株初心者が気をつけたい7つの鉄則は以上です。
このページでなんとなく理解して頂けたらバッチリです。

次項から7つの鉄則を具体的に説明しますので、そこで理解を深めましょう。

疑問や不安を解消!

サイト内検索 by Google

上へ戻る

優待検索が利用しやすいおすすめの証券会社

優待検索が使いやすい!
SBI証券

SBI証券

手数料が安い!
優待検索が便利!
顧客満足度が高い

楽天スーパーポイントが貯まる
楽天証券

楽天証券

楽天グループ
楽天ポイントも貯まる
スマホでも優待検索

初心者も安心の証券会社
マネックス証券

マネックス証券

手数料が安い!
取引ツールが充実
安心のサポート体制


*

人物タイプ別おすすめ

  • 主婦向け株主優待
  • 女性向け株主優待
  • 男性向け株主優待
  • 単身男性向け株主優待
  • 子供向け株主優待
  • ファミリー向け株主優待

投資金額別おすすめ

  • 3万円以内の株主優待
  • 5万円以内の株主優待
  • 10万円以内の株主優待
  • 20万円以内の株主優待

目的別おすすめ

  • 長期保有でお得な株主優待
  • 贈答品に出来る株主優待
  • 面白い株主優待
  • 新設された株主優待
  • 閲覧数が多い株主優待
  • もらった株主優待

当サイトで提供している株主優待などの情報につきましては、その情報の正確性を確約するものではありません。
サイト内の情報には万全を期して掲載しておりますが、情報が古い、または誤っている場合等もございます。
最新の株主優待、配当金等の情報は各企業のホームページや証券取引所の開示情報にてご確認下さい。
また、サイト内の株価、配当利回り等の指標につきましては最新情報を表示しているわけではありませんのでご注意下さい。